HOME -> 薬品管理 -> 薬品管理支援システム
薬品管理

化学物質管理支援システム

○薬品管理支援システムの導入
 熊本大学では、平成18年11月に薬品管理に関する業務を効率よく行うためのツールとして、薬品管理支援システムYAKUMOを導入しましたYAKUMOは、薬品を入手した時または使用した時に登録することで、在庫管理、集計などが簡単にできるシステムです。また熊本大学では、物品請求管理システムに薬品登録情報を移行させたり、実験廃液収集システムを導入して、さらに化学物質管理に関する業務を効率化してきました。

○化学物質管理支援システムの開発
 平成27年6月に、大学の現状に合わせることと、これからの化学物質管理をさらに効率よく行うために、熊本大学は自前で化学物質管理支援システムYAKUMOを開発しました。機能仕様書は熊本大学が考案し、プログラム作成は開発コミュニケーションを豊富にして、さらに柔軟かつ迅速に対応できるようにすることを目的に、地元企業に委託しました。開発コンセプトは「大学研究者に無くてはならないと言わせる化学物質管理支援システム」。化学物質の管理状況を見える化し、化学物質の危険有害性を研究室全員に伝わるように、バーコードラベルに工夫しました。さらに簡易版安全データシートが出力できます(リスクコミュニケーションの推進)。

YAKUMOへ(学内限定)