HOME -> 薬品管理 -> 薬品管理支援システム
薬品管理

薬品管理支援システム

 熊本大学には、化学物質管理に関する業務を効率よく行うためのツールとして、薬品管理支援システム(YAKUMO)が導入されています。環境安全センターでは、YAKUMOの運用を行っています。
 YAKUMOは、Your chemicals Assistance based on Kumamoto University Management Operation Systemの略で、平成18年度の11月に導入されました。
 YAKUMOは薬品を登録することで、大学にどのような薬品がどれだけ保管されているか集計できるシステムです。この機能により、毒物及び劇物を含む在庫確認や危険物保管の指定数量の計算、PRTR集計などが行えます。さらに作業環境測定のオーダーシステムや特殊健康診断などの業務に対しても連携することが可能です。
 さらにYAKUMOには、「薬品マスタ」と呼ばれる薬品の情報に関するデータベースが組み込まれています。この薬品マスタには、様々な情報が登録されているため、薬品を取り扱う際には注意を促すことができます。

YAKUMOへ(学内専用)

YAKUMOは島津エス・ディー株式会社のCRISを使用しています。